解体工事で後悔しないための基礎知識

解体工事をするときには、どこの業者を選ぶかがとても大事になります。
工事業者を選び間違えれば、のちのち後悔をする可能性があるからです。


工事業者選びが必要な理由は、主に2つあります。

1つは、工事業者によっては、解体工事中に近所からクレームが入る恐れがあるからです。

工事は、大きな音や振動そしてたくさんのホコリを撒き散らすことになります。もし、工事をする場所が隣との間隔が100メートルほど離れていれば特に問題が起こる事はありません。

ですが、現代の日本の住宅事情では、ほとんどの住宅の間隔が1メートル程度しか離れていないのです。このように、解体工事には近隣の迷惑を考えて、事前に挨拶まわりをするなどの対策をするか、できるだけ音や振動、ほこりが出ないような工事をしてくれる業者を見極めて選ぶべきです。

もう一つは、工事をする場合にリフォーム会社を経由して行う場合などには、中間マージンが発生してしまい、数十万円費用が高くなってしまう可能性があります。
リフォーム会社を経由することによって、リフォーム会社は管理料や紹介料をもらうことになります。その分だけ費用が高くなるのです。


もし、解体工事を安く済ませたいのであれば直接工事業者に工事を依頼するべきです。


工事業者に関しては、タウンページなどでも検索できますが、できればその業者の口コミや評判などが分かる人に聞くか、インターネットの口コミや評判を参考にするのが良いかもしれません。

家を解体することになった場合、業者を選ぶ必要がありますか。すでになじみの業者があれば別ですが、そうでなければ新たに業者を選ぶ必要があります。

ただし、解体工事自体がそれほど安くできるわけではありませんので、業者選びには慎重に慎重を重ねたいところです。


選ぶポイントはいくつかありますが、そのうちの1つは、その業者が本物かどうかという点です。


つまり、向上するときの許可証を持っているかどうかが1つのポイントになります。


業者が持っているはずの許可証は2つあります。
1つは解体工事に関する許可証です。この許可証を持っていないのであれば工事自体ができないのです。


ただ、工事に関する許可証は80平方メートル以下の工事では必要がありません。

ですが、ほとんどの住宅が80平方メートル以上の敷地があるため、住宅の解体業者であれば基本的には持っているはずです。
もう一つは、産業廃棄物処理に関する許可証です。

工事をする場合には、普通は何らかの産業廃棄物が出ることが多いのですが、これを処理するためには産業廃棄物処理の許可証が必要になるのです。


さらに、業者が損害賠償保険に入っているかどうかも重要になります。


損害保険保険は、工事の時に資材を運び出す時に通行人を怪我させてしまった場合や、隣の家に木材がぶつかってしまい、ベランダや壁を壊してしまった場合に保険がおります。このように、工事業者を選ぶ場合には許可証や保険の加入については、確認をしておきましょう。

ガラスコーティングの人気を今すぐチェックしよう。

千葉の外壁塗装の特徴をご紹介するサイトです。

船橋市でリフォームといえばこちらのサイトです。

足立区で浴室リフォームの知識を増やしてみませんか。

横浜のスケルトンリフォームについての情報を提供しています。

http://okwave.jp/qa/q7797318.html

http://m3q.jp/?topic_id=138&order=hot&page=106



関連リンク

解体工事で後悔しないための基礎知識

解体工事をするときには、どこの業者を選ぶかがとても大事になります。工事業者を選び間違えれば、のちのち後悔をする可能性があるからです。...

more

建て替えとリフォームの解体の違い

住宅は古くなれば何かしらの手を加えなければなりません。かつては、リフォームというものがあまり流行っていなかったため建て替えをするために一度解体をして、再び建築するという方法がとられていました。...

more
top