解体業者に不用品の処分を依頼することができます

家屋の解体を検討しているときに、住宅の取り壊しを行うにあたって面倒な作業に住宅の内部の片付けのことがあります。
現時点で住んでいる住宅から空き家が遠方であるときには、片付けを行うために足を運ぶことも大変な作業となります。

そのような場合には解体業者に依頼することによって、家財品などの残存物をそのままにしておいても、処分してもらうことが可能です。
解体業者に依頼することによって、工事を着工する前にそれぞれの残存物について分別を行って運び出して適正な処理をしてもらえます。取り壊しを行う前に建物の内部を綺麗な状態にしてから工事をしたいと考えている人もいて、リサイクル業者や不用品回収業者に依頼することも考えられますが、それらの業者に依頼することによって別途費用がかかってくることになりますので、解体業者に合わせて依頼するほうが割安になると言えます。

不用品回収の見積もりを行い際においても、できる限り立ち会って不用品の総量などを確認することがおすすめです。
布団や衣類、書籍などの家庭ごみはできるだけ自分自身の手で処分しておくことがおすすめです。


遠方に住んでいるときには手間と時間がかかることになりますが、自分で処理をした分だけ処分費を節約することが可能です。

解体業者に任せることができるものとして、タンスや食器棚などの家具やプラスチックケースなどがあります。
まだ使用が可能な大型生活用品の場合には、それぞれの市町村の役所などに問い合わせることによって引き取ってもらうことも可能です。


お住まいの建て替え工事を実施する際はほとんどの場合、既存建物を解体する必要があります。一般的に解体工事では家本体の他に、土蔵や庭木、駐車場の土間コンクリートの撤去なども含みます。よく、解体工事の概算金額は壊す建物に坪何万円を掛けて算出すると言われているようですが、先に述べた家以外の撤去項目の有無や、重機が入ることができる搬入路が確保できるかなどの周辺環境の状況も工事費に影響を及ぼします。
まずは、業者から現地確認の上お見積りを作成してもらうことがおすすめです。

解体業者が決まりましたら、次は施主の方で建物内部の片づけをすることになります。

基本的に家電製品などは別途施主の方で撤去することになります。
各自治体の決まりに従って処分をして下さい。

その他、不要品についても大量に残っていますと別途処分量を業者から請求されることもありますので工事着手前にご確認ください。


工事着工日の目安がつきましたら、施主の方で電気、ガス、水道会社へ連絡をして頂き、供給停止を依頼してください。

電気に関しては、切り離し作業も電力会社で行いますので注意して下さい。


忘れがちなポイントとしては、灯油タンクの抜き取り作業があります。
プロパンガスと同じ会社にお願いしている場合は簡単ですが、別々の依頼先の場合は注意してください。


最後に、工事着手前の近隣への挨拶廻りとなります。

業者も行いますが、可能であれば施主からも近所の方へ一言声がけして頂くと、トラブル防止に効果がありますのでご検討下さい。

















関連リンク

解体工事で後悔しないための基礎知識

解体工事をするときには、どこの業者を選ぶかがとても大事になります。工事業者を選び間違えれば、のちのち後悔をする可能性があるからです。...

more

建て替えとリフォームの解体の違い

住宅は古くなれば何かしらの手を加えなければなりません。かつては、リフォームというものがあまり流行っていなかったため建て替えをするために一度解体をして、再び建築するという方法がとられていました。...

more
top