虫除け効果を期待できる外壁塗装

虫除け効果は、化学薬品だけではなく、天然の素材からも得ることができます。
害虫忌避成分と呼ばれている香りの成分に、虫除け効果があるからです。
木造建築の一戸建てならば、ヒノキやヒバの木材を使用して建築していることで、虫除け効果が得られています。

虫除け効果は外壁塗装でも得られるようになります。害虫忌避成分を混入した樹脂系の塗料を使用して塗装すれば良いからです。

ただし注意したいのは、ヒノキやヒバといった木材そのものの害虫忌避効果ほどは強くない点です。
外壁塗装は、塗料を塗装して、乾燥すると塗膜が発生し、塗膜が外壁材を保護する働きがあります。
塗膜は固く、防水性能を備えています。


樹脂系の塗料も乾燥すれば固くなり、害虫忌避成分が香るわけではありません。

三郷でトイレ交換に関する問題解決をサポートいたします。

しかし太陽による直射日光や反射光によって、害虫忌避成分が塗膜から大気中に揮発していきます。正確には、塗膜が紫外線の影響を受けて、害虫忌避成分が飛散する仕組みです。害虫忌避成分の代表的なものがヒノキチオールですが、ヒバの精油も高い効果が認められています。


害虫忌避成分を散布すれば庭木に対しては効果が得られますが、木造建築の一戸建ての場合は効果が薄くなってしまいます。

市川市のリフォーム情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

外壁塗装の塗膜の内部に害虫忌避成分を定着させて、紫外線によって揮発させることで持続的に効果が得られるようになります。

ボディスクラブの使い方に関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

雑草の生えやすい敷地の一戸建てや、近くに川や沼のある自然環境の一戸建ては、参考にすると良いでしょう。

便利な市川でトイレ交換の情報はこちらです。

雨が降っている時に住宅の外壁を見た場合、雨水が外壁から雨が弾き飛ばされている場合は外壁の劣化は在りません。

函南町の注文住宅に関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

しかし、この雨が弾き飛ばされずに、外壁に染み込んでいる場合は外壁は劣化が生じており建物内部への雨水の浸入が起きるケースが在ります。

https://4meee.com/articles/view/19080

冬場になると家の中を温めるため暖房を入れる事になりますが、ガラスと言うのは外気の温度と室内の温度差により結露が生じます。

結露と言うのは温度差が生じる事で空気に含まれる水分がガラスに付着し、それが流れて水を溜めてしまう現象です。

結露はカビなどの発生にもつながるので、換気などを行う事で結露が起こり難くなるのです。
しかし、結露のような症状が頻繁に起きる、雨が降った時に起きる場合は外壁の劣化による雨漏りだと言われているのです。

http://smany.jp/951

太陽の紫外線にさらされることで外壁は劣化をしていき、雨を浸み込み易くしてしまったり、外壁にひび割れが起きて、そこから雨水が浸入すると言った事に繋がります。



こうした外壁をそのままにしておけば建物を守る能力が無くなるのです。そこで行う必要が在るのが外壁塗装なのです。

外壁塗装と言うと、色あせた外壁を新しいペンキを使って塗り直すと言うイメージを持つ人が居ますが、外壁塗装の目的は塗料の膜を作り上げて耐久性を持つ外壁にすることに在ります。

しかし、外壁塗装は単に塗料で塗り直せば良いということではなく、塗料を塗るための下処理が必要ですし、ひび割れた場所のメンテナンスを行い、3〜4回の重ね塗りをすることで塗膜が作り出され、雨を弾く外壁にする事が出来るのです。

関連リンク

解体工事で後悔しないための基礎知識

解体工事をするときには、どこの業者を選ぶかがとても大事になります。工事業者を選び間違えれば、のちのち後悔をする可能性があるからです。...

more

建て替えとリフォームの解体の違い

住宅は古くなれば何かしらの手を加えなければなりません。かつては、リフォームというものがあまり流行っていなかったため建て替えをするために一度解体をして、再び建築するという方法がとられていました。...

more
top