外壁塗装の工夫と役割について

住宅の塗装は外から見た外観を変えるだけではなく、夏の暑い日差しでも室内の温度上昇を防ぐ効果のある外壁塗装があります。


これは屋根にも有効で、直射日光による室内温度の上昇を防ぎ、外壁を触っても暑くならないという特徴がある塗装剤です。
これから外壁塗装でイメージチェンジや古くなってきた外壁の塗り替えを検討している人には検討材料としてほしい塗料です。

外壁は住宅を雨風から守るための重要な役割をもつだけでなく、外から見たときの住宅の雰囲気も変えてくれる効果があります。
頻繁に塗り替えるものではありませんが、雨や風に強い塗装を使うことで快適な住まいになります。


外壁の役割として、建物自体を守る役割があります。


ひび割れや塗装の剥がれから、構造自体に影響を及ぼす可能性があり、見た目の外観だけではなく一度塗装して終わりではなく、コマ目に点検することが大切です。
塗装は重要で、塗装があるからこそ外壁が守られ、建物自体を守ることにつながります。

このように、外壁塗装は雨や風から守るだけではなく、建物の劣化を防ぐためにも重要な役割があります。さらには、日光によって室内が高温になるのを防ぐ効果まであり、家にとっては非常に重要な役割があります。

塗装の塗り替えは全ての壁に対して行うと面積が広がり、価格が高くなりますが、住宅を守るためにも10年から15年単位、もしくは外壁に変化が見られたら点検を行うことが大切です。
家を建てたメーカーや専門の業者に相談することも大切です。


念願のマイホームをきれいに維持して、できるだけ長く大切な家族と暮らしたいという願いをかなえるには、外壁塗装を定期的に行うことがおすすめです。

家は、太陽の光や風雨、温度差など、厳しい自然環境にいつもさらされているので、家の外側の屋根や壁は傷みやすく、塗装の剥がれやひびなどが生じやすい部分です。

外壁は、バリアのように家を守る役割がありますが、それは、外壁がきれいな時だけで、外壁の剥がれやひびから雨などの水分が内側に入り込むようになると、内部の構造にまで傷みが広がってしまいます。


家の内部にまで傷みが広がり、壁の内側や柱、床などは、傷んでいることに気付きにくく、気づいた時には、大がかりな修繕が必要だったり、家の寿命が短くなってしまっていたりするので、とても大変です。外壁が傷み始めたら、早めに外壁塗装をすることで、家の寿命を延ばすことができます。

外壁塗装をするタイミングは、塗料や周囲の環境によって異なりますが、一般的には、10年に一度と言われています。


また、剥がれやひびを見つけたときや壁を触った時に手に白い粉がつくチョーキングを発見したときなど、劣化のサインを見逃さずにメンテナンスすることも大切です。
外壁塗装をしたときに、塗料の耐用年数を確認したり、自分で見たり触ったりして、外壁の状態を点検すると良いでしょう。

また、専門の業者が、無料で点検をしてくれるので、点検をしてもらい外壁塗装のメンテナンスの時期を相談することもおすすめです。

















関連リンク

解体工事で後悔しないための基礎知識

解体工事をするときには、どこの業者を選ぶかがとても大事になります。工事業者を選び間違えれば、のちのち後悔をする可能性があるからです。...

more

建て替えとリフォームの解体の違い

住宅は古くなれば何かしらの手を加えなければなりません。かつては、リフォームというものがあまり流行っていなかったため建て替えをするために一度解体をして、再び建築するという方法がとられていました。...

more
top