解体作業の概要について

家屋の解体工事はただ家屋を取り壊し廃棄物を捨てれば良いという単純なものではありません。様々な手続きや手順を踏んで行わなければなりません。


まず最初に行なうのは解体業者を選ぶことです。

タウンページなどから業者を探し出すことができますし、またインターネットなどでも優良な解体業者を見つけることができます。

業者を絞ることができたならば、次に見積もりを出してもらうことができます。

現場に行き、説明を受けながら見積もりを出してもらうようにします。


業者が決まったならば、本格的な工事が始まるということになります。


しかし、始める前には建設リサイクル法に従って届け出をする必要があります。


さらに事前の準備として電話や電気の配線、ガスの配管などを取り外す作業も必要となります。実際の解体作業ですが、きちんと養生を行なってから撤去を始めることになります。工事が終わったならばまた手続きが必要となります。


建物滅失登記申請という手続きです。
これは建物が消滅したということを登記するもので必ず登記しなければならないものです。

そして最後にマニフェスト伝票を確認する必要があります。

これは何かといますとか、解体時に出された廃棄物が適正に処理されているかどうかを確認するものです。

もし適正に廃棄物が処理されていなければマニフェスト確認義務違反となってしまいます。

厄介なことに巻き込まれてしまいますので、きちんと確認することは大事なことです。


解体工事をするときには何かとトラブルがつきものです。何も知らずにトラブルを発生させるよりも、あらかじめトラブルが起こることを想定して工事に挑んだほうが精神的にも金銭的にも楽なはずです。
そこでどのような場面でトラブルが起きやすいかを検証してみましょう。
まず、壊してはいけないものを壊してしまう場合があります。
たとえば、庭に立派な灯篭が置いてあり、家主としては灯篭は壊さずにそのまま取っておきたいと考えていたとします。
ですが、その旨工事業者に告げても、監督に伝わらなければ、別の工事作業者が撤去してしまうかもしれません。
このような連絡不届きによりトラブルが発生することもよくあります。

この場合家主としては工事業者に責任を問うことは難しくなります。できれば監督に、そして後で言った言わないの争うにならないように書面に残して証拠が残るようにしておきましょう。
もう一つのトラブルはご近所とのトラブルです。


解体工事には、粉じんが舞い上がることと音がうるさい、そして解体工事中に隣の家を傷つけてしまったという3つの理由でトラブルが起きやすいのです。
工事中は細心の注意を払ってもらうことで防げます。

粉じんに関しては放っておくとご近所さんの洗濯物についてトラブルになることが多いため、よく水を撒いておく必要があります。

家主が水を撒くわけではないので、家主としては細かい点に注意できる業者選びが大事になるのです。また解体工事をする日取りが決まってから、ご近所にあいさつ回りをするのが一番トラブルを避けられるでしょう。


できればそれほど高くなくてもよいのでお菓子などを持っていくと印象が良くなります。

目的別の建設会社に関する耳より情報です。

千葉の外壁塗装の情報を公開しているサイトです。

リノベーションの費用にまつわる情報をまとめています。

千葉の住宅リフォーム情報をお探しですか。

神奈川の外壁塗装情報ならこちらのサイトです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11115959271

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7810239.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1054791690

関連リンク

解体業者に不用品の処分を依頼することができます

家屋の解体を検討しているときに、住宅の取り壊しを行うにあたって面倒な作業に住宅の内部の片付けのことがあります。現時点で住んでいる住宅から空き家が遠方であるときには、片付けを行うために足を運ぶことも大変な作業となります。...

more

解体費用の見積もりの内訳を知ろう

家屋の解体を自分で行うわけにはいきません。解体業者に依頼することでしょう。...

more
top